最新情報

第2回ツール・ド・とちぎ レースレポート 大会3日目

レース名:第2回ツール・ド・とちぎ
クラス:UCI Asia Tour 2.2
日時:2018年3月25日
ステージ:第3ステージ
距離:147km
開催場所:那須町〜真岡市
天気:18度 晴れ
出走選手数: 86人
観客数:41,000人
 
<集団スプリントを制したレイモンド・クレダーが優勝 マイケル・ポッターが個人総合優勝を決める>
 
ツール・ド・とちぎ第3ステージが、那須町から真岡市までの147kmで行われ、チーム右京のレイモンド・クレダーが優勝。個人総合順位は、オーストラリアン・サイクリング・アカデミー・ライド・サンシャイン・コーストのマイケル・ポッターが首位を守り、ツール・ド・とちぎ2代目王者となった。
 
ツール・ド・とちぎ最終日の第3ステージは、那須町スポーツセンター前をスタート。那珂川(なかがわ)に沿って南下し、真岡市の井頭中央公園にゴールする147km。途中、49km地点の那須烏山市にスプリント賞、61km地点の那須烏山市と茂木町の境と、89km地点の益子町益子の森に山岳賞が設定されている。山岳賞以外にも細かなアップダウンが繰り返される一方、コース終盤は平坦が続く設定だ。
 
リアルスタート後30分ほど続いたアタック合戦から、キム・クンス(LXサイクリング・チーム)、新城雄大(キナンサイクリングチーム)、ホセ・ヴィセンテ・トリビオ・アルコレア(マトリックスパワータグ)の3人が抜け出す。メイン集団との差は20秒から30秒まで開くが、40kmを過ぎたところで集団が吸収する。その直後のスプリント賞争いは、トビー・オーチャード(オーストラリアン・サイクリング・アカデミー・ライド・サンシャイン・コースト)が1位通過。個人総合2位につける増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が2位通過し、ボーナスタイム2秒を獲得する。
 
その後は再びアタック合戦となるが、逃げ集団が形成されず。最初の山岳賞への登りに入ると、宇都宮ブリッツェンが集団の前方に集まって集団を牽引する。しかし山岳賞手前では、前回覇者のベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・ザウラム)が抜け出して1位通過。ロビー・ハッカー(チーム右京)が2位通過し、この時点で山岳賞ジャージを着る湊諒(シマノレーシング)にポイントで並んだ。
 
この山岳賞の登りで集団が分裂し、20人ほどが先行。70kmを過ぎ、茂木町から益子町に向かう丘が連続するところで、岡篤志(宇都宮ブリッツェン)、ソ・インス(LXサイクリングチーム)、石原祐希(栃木県選抜チーム)、ハッカーの4人が抜け出し、集団との差は最大で2分近くまで広がる。
 
益子市街を抜け、2つ目の山岳賞はハッカーが先頭通過。これでハッカーは山岳賞1位を確定させた。
 
一方メイン集団は、最初の山岳賞で遅れた集団が合流。スプリント勝負に持ち込みたい愛三工業レーシングチームが、リーダーチームのオーストラリアン・サイクリング・アカデミー・ライド・サンシャイン・コーストと強力して集団コントロールを始め、残り40km付近の平坦な直線路を利用して逃げる4人との差を詰める。
 
残り20km、差が1分未満まで詰まったところで、逃げ集団から岡が単独アタック。集団との差は再び1分以上に広がる。このまま逃げ切れば逆転で個人総合優勝の可能性もあったが、追走する集団はタイム差を徐々に詰め、残り5kmを過ぎたところで岡を吸収。最後は大集団でのスプリント勝負に持ち込まれた。
 
ゆるやかな左カーブを曲がり、ゴールの井頭中央公園前に現れた集団。先頭ではレイモンド・クレダーと岡本隼(愛三工業レーシングチーム)、黒枝咲哉(シマノレーシングチーム)の3人によるスプリント勝負となり、クレダーが先着して第3ステージ優勝を決めた。これによりクレダーはポイント賞も獲得した。
 
リーダージャージのマイケル・ポッター(オーストラリアン・サイクリング・アカデミー・ライド・サンシャイン・コースト)は集団内でゴール。個人総合首位を守り、第2回ツール・ド・とちぎを制した。
 
レース後のコメント(ステージ3優勝、2位、個人総合優勝、個人総合3位)
 
レイモンド・クレダー(チーム右京)コメント
「初めての日本で初めてのレースだったが、ステージ優勝してポイント賞も獲れて嬉しい。チームメイトが風除けになってサポートしてくれたので今日は勝たねばならないと思っていた。昨日の落車の影響で今朝起きた時はつらかったけれど、走っている間は痛みは無かった。でもゴールした後に痛みが出て今はつらい。それだけが残念だったけれど、ツール・ド・とちぎは観客が多くて良いレースだった」
 
岡本隼(愛三工業レーシングチーム)コメント
「チームがスプリント勝負出来るようにしてくれたので勝負したが、ゴール前のカーブが思ったよりきつく、アウト側にいたので不利になってしまった。結果には満足していないが、UCIポイントを獲れたのは良かったと思う」
 
マイケル・ポッター(オーストラリアン・サイクリング・アカデミー・ライド・サンシャイン・コースト)
コメント
「3日間のうち今日が一番ストレスフルな1日だった。最初の山岳賞でチームメイトが後方に下がってしまった時は、リーダージャージを守りきれないのではないかと思った。でもその後立て直してゴールすることが出来た。予想以上にハードなレースだった。
次の目標はオーストラリアの国内選手権。カデル・エバンスのような選手になりたい」
 
増田成幸(宇都宮ブリッツェン)コメント
「マイケル(ポッター)選手が強いので、利害が一致する他チームと強力して攻撃に出てチャンスもあったが、最後は愛三工業レーシングチームの追走で岡選手の逃げが潰されてしまい、自分も総合2位から3位に後退する結果となってしまった。結果はついてこなかったが、最後までチームで攻撃的に行けたので悔いはない。今回はリーダージャージを守ったマイケル選手が強かったの一言に尽きる」
 
第3ステージ 那須町〜真岡市147km 結果
1位 レイモンド・クレダー(チーム右京) 3時間16分06秒
2位 岡本 隼(愛三工業レーシングチーム) +0秒
3位 黒枝咲哉(シマノレーシングチーム) +0秒
4位 ベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・ザウラム)  +0秒
5位 アイラン・フェルナンデス・カサソラ(マトリックスパワータグ) +0秒
6位 雨乞竜巳(キナンサイクリングチーム) +0秒
7位 パク・コンウ(LXサイクリングチーム) +0秒
8位 ウンベルト・ポーリ(チームノボノルディスク) +0秒
9位 吉田悠人(那須ブラーゼン) +0秒
10位 重光 丈(鹿屋体育大学自転車競技部) +0秒
 
個人総合成績(第3ステージ終了時)
1位 マイケル・ポッター(オーストラリアン・サイクリングアカデミー・ライド・サンシャイン・コース
ト) 5時間46分16秒
2位 レイモンド・クレダー(チーム右京) +14秒
3位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +20秒
4位 ロビー・ハッカー(チーム右京) +32秒
5位 入部正太朗(シマノレーシング) +36秒
6位 鈴木 譲(宇都宮ブリッツェン) +40秒
7位 フレディ・オヴェット(オーストラリアン・サイクリング・アカデミー・ライド・サンシャイン・コー
スト)  +41秒
8位 ベンジャミ・プラデス・レヴェルテル(チーム右京) +53秒
9位 岡 篤志(宇都宮ブリッツェン) +1分2秒
10位 ベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・ザウラム) +1分6秒
 
ポイント賞(第3ステージ終了時)
1位 レイモンド・クレダー(チーム右京) 49p
2位 マイケル・ポッター(オーストラリアン・サイクリング・アカデミー・ライド・サンシャイン・コース
ト) 38p
3位 ベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・ザウラム) 25p
 
山岳賞(第3ステージ終了時)
1位 ロビー・ハッカー(チーム右京) 10p
2位 ベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・ザウラム) 5p
3位 湊 涼(シマノレーシングチーム) 5p
 
チーム総合(第3ステージ終了時)
1位 チーム右京 17時間20分32秒
2位 宇都宮ブリッツェン +19秒
3位 オーストラリアン・サイクリング・アカデミー・ライド・サンシャイン・コースト +36秒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※写真・映像使用にあたる注意事項

1. 本サイト掲載写真の二次使用はお断りしております。報道用のみ使用可。

2.高画質画像がご希望の方は別途実行委員会プレス窓口へお問い合わせください。

tdtpress@athlete-bank.com

3.本大会の写真クレジットは『©2018TdT』となります。

お知らせ一覧へ

  • 028-680-6860
  • info@tourdetochigi.com

ツール・ド・とちぎ実行委員会

〒320−0026 栃木県宇都宮市馬場通り4丁目2番8号 喜作園ビル2F FAX:028-680-6970