大会概要

第1回ツールド・とちぎ 大会概要

名称 第1回「ツール・ド・とちぎ」
ねらい

県内全市町を舞台とした国際公認のサイクルロードレースの開催を通じてとちぎの地方創生を推進する。

  • (1)自転車先進県「とちぎ」の世界に向けた発信、県のブランドイメージの向上
  • (2)開催地域の歴史・文化・食などの資源を活用したとちぎの新たな魅力の創造と、インバウ ンドを含めた観光誘客による地域経済の活性化
  • (3)スポーツ文化の振興による県民の健康づくりの推進
  • (4)若者をはじめ多くの県民が大会に関わることによる郷土愛の醸成
主催 特定非営利活動法人ツール・ド・とちぎの会
主管 ツール・ド・とちぎ実行委員会
競技主管 公益財団法人日本自転車競技連盟
栃木県自転車競技連盟
後援 公益財団法人JKA
東日本旅客鉄道株式会社大宮支社
開催期間 2017年3月31日(金) ~ 4月2日(日) ※雨天決行
競技種目

ステージ・レース

◆3日間、3ステージのロードレース
◆国際自転車競技連合(UCI)公認競技
◆大会クラスは「2.2(UCIアジアツアー)」

特徴 栃木県全域を舞台とした「ラインレース」での開催
出場予定チーム

14チーム(国内10チーム・海外4チーム)

◆チーム構成 選手:6名/監督:1名/メカニック:1名/マッサー:1名

表彰式 各ステージのフィニッシュ地点特設会場でそれぞれ実施
最終表彰式 4月2日(日)、第3ステージフィニッシュ地点特設会場で実施
競技規定 UCI 競技規則および、大会特別規則による
コース 第1回大会、第2回大会(平成29年度)の2年をかけて、栃木県内全市町を巡ることを想定
ツール・ド・とちぎ実行委員会 栃木県/経済産業省/NPO法人ツール・ド・とちぎの会/(一社)栃木県経営者協会/(公社)栃木県経済同友会/(一社)栃木県商工会議所連合会/栃木県商工会連合会/栃木県中小企業団体中央会/栃木県自転車競技連盟/宇都宮市/足利市/栃木市/佐野市/鹿沼市/日光市/小山市/真岡市/大田原市/矢板市/那須塩原市/さくら市/那須烏山市/下野市/上三川町/益子町/茂木町/市貝町/芳賀町/壬生町/野木町/塩谷町/高根沢町/那須町/那珂川町/(株)足利銀行/(株)栃木銀行/栃木県信用金庫協会/(公社)栃木県観光物産協会/栃木県農業協同組合中央会/大学コンソーシアムとちぎ/栃木県高等学校長会/栃木県中学校長会/サイクルスポーツマネージメント(株)/NASPO(株)/(公財)日本自転車競技連盟/日本プロフェッショナルサイクリスト協会/栃木県サイクリング協会/(一財)日本自転車普及協会/栃木県自転車軽自動車商業協同組合/栃木県道の駅連絡協議会/(一社)栃木県建設業協会/(公財)栃木県民公園福祉協会/(公財)栃木県国際交流協会/(一社)栃木県バス協会/(一社)栃木県トラック協会/(一社)栃木県タクシー協会/(一財)栃木県交通安全協会/東日本電信電話(株)栃木支店/東武鉄道(株)/真岡鐵道(株)/野岩鉄道(株)/栃木県消防長会/(一社)栃木県警備業協会/(株)下野新聞社/日本放送協会宇都宮放送局/(株)栃木放送/(株)エフエム栃木/(株)とちぎテレビ ※順不同

大会チラシ

※ 以下のチラシの内容はこちらからPDFファイルにてダウンロード可能です。